【趣味資格】映画検定 どんな資格?合格者は特典付き?!

2020年5月12日その他, 資格記事

スポンサーリンク

こんにちは、わくわく企画です。

今回は民間資格「映画検定」という資格を紹介したいと思います。完全に趣味の部類ですよね笑。でも友達とか会社の人に「映画の資格持ってるんですよぉぉぉ!」っていう話題のネタにはかなりウケがいいんじゃないですか?だけど調べてみたら、ちょっと難しそうかも…(´・ω・`)

 

どんな資格?

主催は、映画雑誌キネマ旬報映画総合研究所が行っています。

名前の通り、映画の知識がどれだけあるかを出題していくようですね。例えば、映画作品名、監督名、映画会社、映画用語とか出るみたいですね。映画用語ってなによ(';’)

資格は1級~4級まであって、上級にいくほど細かい知識が必要のようですね。

 

メリットってあるの?

趣味の資格になりますので、当然ながら就職有利は無いですね。映画業界とかなら就職有利になるのかな?でも!冒頭で書いたように話題作りには持ってこいの資格だと思います。

あと!受験合格すると色々特典があるんです!

  1. キネマ旬報ベスト・テン表彰式のご招待(1級のみ
  2. 合格者名をHP、劇場スクリーン、キネマ旬報等で発表(級ごとに違う)
  3. 田辺・弁慶映画祭 審査員就任(1級・2級のみ
  4. Yahoo!JAPANで合格者認定アイコン贈呈
  5. 認定証の授与

があります。かなり特典が多いですねぇ。魅力的なのがやっぱりベスト・テン表彰式のご招待。よく知らないけど行ってみたいぃ…でも1級合格者だけかぁ

特典一覧公式URL:https://www.kinejun.com/eigakentei/

 

資格概要とか

  • 資格名 :映画検定
  • 試験方法:Web受験
  • 問題形式:4者択一(60問)
  • 合格基準:1級(約5%)2級(約10%)3級(約30%)4級(約70%)
  • 試験日程:10月~11月(各級によって違います)
  • 受験料 :1級(6000円)2級(5000円)3級(3500円)4級(1800円)
  • 問合せ :株式会社キネマ旬報映画総合研究所

 

まとめ

今回調べてみて分かったことは

・思ったより合格率は低い。お試しで受験するなら4級がおすすめ。

・完全に趣味の資格

・話のネタになる

以上となります。興味のある方は受験してみてはいかがでしょうか。私は今度4級を受験してみようかと思います笑。